通勤のみ、久しぶりにコンチネンタルチューブラーと格闘

通勤ライド、ただし途中のプチスプリントなし(笑)

くるくる快適な感じで、と思うがどうしてもちょっとした登りでやや頑張る。合目的ではないぁ。

 

コンチネンタルコンペティションを組むに当たって、先ずはいつもの計量を。

公称260g。


f:id:gdrandrava:20171111125501j:image


f:id:gdrandrava:20171111125548j:image

今回は引きが良い?

それともサスガはドイツメーカー🇩🇪。

さあ格闘開始。

ごつくない靴を履いて軍手装着。

しっかりと体幹使ってゴー。

指の力がなくなる頃装着完了。

サスガはドイツメーカー🇩🇪、どれだけジャストに作ってるんだか。

 

基本メニュー2本

何とか予定数やり終えた。今年の試合に向けた練習は終了。

最高値が出て気持ち良いフィニッシュ感。

途中ROTORPower左が暴走。

ゼロになったり、800W超えたり。

電池脱着して再度スタート。

たまにゼロになるが気にしない(・ε・)。

最終日まで何とか耐えてくれたので良しとしよう。そして来週以降ゆっくり修理。

昨日は再び「伍法」。

ここは、ちょっとしたハレの場。

今回はめんばーのお祝い事で。

諸々のツマミを楽しんだ後はケシ切り蕎麦を楽しむ。

ウマイ!

 

基本メニュー、残りあと2本。

基本メニューダン。

肺が辛い、痛い感じ。

しかし出力はいつもより出た。

各セッション20W増し。

途中ROTOR POWERの電池切れがあり買い置きのCR2477に交換。

今年二回目かな。

TDOまであと基本メニュー2回を残すのみ。

 

月曜日、戦略企画系スタッフ約50人に方向性のプレをした際、話の掴みにILO関連の話をした。ILO、つまり国際報道機関のこと。

なぜか掴みが不発、目論見が見事に外れた。

もしやILO知らない疑惑が沸き、その後の懇親会でヒアリングしたところ大当たり。

マジか?

ILOは確か教科書に出ていたワード。

この集団は、いわゆる難関大学出身者が多い、つまり能力の高低は色々だが受験競争では成果を出していた集団のはずなので教科書に有れば知っている率は高いはず?

多くは、言われてみれば覚えた気がするという反応で8割位がそんな調子。

受験勉強は役に立たないと言われることがある。これは学ぶ中身の問題ではなく、忘れてしまうという結果からそう言われているのではないか。

比較的覚えている私は役に立っていると感じているし。

そんな事を妄想した。

通勤ライドのみ

月曜日のアルコールの影響が酷くてメニュー断念。

三本ローラーで一時間クルクル。

久々にコルナゴEPSに乗る。

改めて良いフレームであることを感じる。

相変わらず感じるドシッとした安定感。

そして巷で言われている固さはあまり感じず。

TDHのJCF登録クラスで150km位走った時も脚を最後まで残せた。

前半手を抜いてるのではという疑惑は残るがw

その後、TDOで使うホイールWH-7801-carbonの確認。

ハブのベアリングをセラミックに替えたもの。

古いモデルだがとても気に入っている。

(ハブのセラミック化は賛否あるが私は好き。JBCFでもTDH、TDOでも下りでアドバンテージを感じる。)

タイヤの減りが若干気になるが今回を最後だと考えて使うか、それとも張り替えるか。

その際はタイヤ幅を19mmから25mmに変えたい。

スリッピーな沖縄の路面に減ったタイヤと19mmの組み合わせとの比較では、交換のメリットばかり。

結果購入。

私はいつも「物欲発生→悩む→買う」のパターンで「物欲発生→悩む→買わない」が無い。

「物欲発生→買う」で良いのではと感じている、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

房総でペース走 TSS186

残念ながらTSS200届かず。

GARMINでは279だったのだが、、、。

今日は6:30出発で房総へ。

我が家の最速レコードをマーク。

8時過ぎに安房勝山に到着。

肌寒く、上着は長袖インナーと冬用ジャージでピッタリ。

下は夏用レーパンとレッグウォーマーで。

走り出してみるとコンディションの悪さを体感。

GARMINがパフォーマンス -4の追い打ち表示。

様々なポイントでいつもより低い出力。

途中、サラダレンコンの畑の前でレンコン購入。

ここのレンコンはマジ美味しい。

千葉県道89号線の国道410号との交差からやや西。

多めに手にしてしまい、左手にビニール袋(レンコン数キロ)という負荷が加わったことで辛さ増加。

CRがお構いなく、いや知ってて次のポイントに向かって上げていくので必死についていくが出力5倍、辛い!

勿論速さはそこまでではない。

自己ギネスで登ったCRから遅れること20秒で到着。

その後道の駅に戻る手前の登りでCRが脚をツル。

さっきの報いw

その後は、脚が終わっているCRを引きずり回しの刑。

TDOに向かって最後の練習としては最適。

終わった足でどうやって速く走るか、これ重要。

県道369では負荷を掛けずにスピード上げることを意識。

8%くらいになる後半を別にすれば、前半は200W強で25km/h以上で旨く走れた事に満足。

死点でスパッと入力して、その後一気に脱力して回す感じが自分には合っていそう。

距離76km、獲得標高1138m、3時間20分で終了。

100kmまで行きたかったが、渋滞・CRの脚を考えると一日を色々と有意義に使う最大効率を考えることこの辺かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蛇石練、今日も一周、、、。

蛇石練二週を目論んでスタートしたが一周で脚が終わる。

もう一周チャレンジする事も考えたが、明日の回復を待つことにw

どうも疲れが蓄積している。

12:30頃松崎を出発。

カーナビの帰宅予想時間は16:00。

帰宅後の時間を楽しみに松崎を後にする。

しかし三連休の高速通りを甘く見てはいけない。

事故、事故、事故。

凡そ事故は防げるはず。

ロスした時間×人数は相当なもの。

無理せず、安全に。

下手は隠さず運転すると周りが気を使ってくれるbyCR

上手いドライバーは優しく、下手なドライバーは無理せずに。

帰宅は19:00。

さて、日曜はTSS200やるぞ。

蛇石練、一周

蛇石練、一周。

TSS111。

東名高速が25キロの渋滞。

到着が14:30になり一周しかできず。

連休は事故渋滞の確率が高いので早く出れば良いのだが。

たたき起こすこともできるがCRがスヤスヤ寝てるのを見るとちょっと緩くなるw

 

CLX32を試す。

廻る、とにかく回るホイール。

ハブの回転が良く、硬い印象のホイール。

リムの真円度が高く、剛性も高いので変形が少なくくるくる回る印象。

実際に何が起きているのかはわからないが。

下りから4%位の坂までのアドバンテージは十分に感じる。

特に下りの加速感とそこから続く上り返しの進む感じは素晴らしい。

走行性能としては大満足、ネガ要素は空気の減り。

2時間使用だと気づかないが半日だと0.5bar減っている。

5時間の試合だと0.25barなので看過するのか。

ちょっと気持ち悪さが残るところ。

チューブレスレディはこんなものと捉えれば気にならないか。

CO2は抜けやすいらしいのでそのせいかもしれない。

少し様子を見ることにする。

STRAVAの登攀ポイントではCRが複数のQOM獲得&自己最高記録。

しっかりと練習を重ねて自力を挙げたことに加え、ホイール効果もあるのかな。

今日も蛇石練に励む。