ツール・ド・弟子屈

会社の仲間と摩周湖ライド。

摩周温泉道の駅からスタートして弟子屈側から登り川湯温泉側に下る。

乗鞍2時間切りのメンバーがミニマム。

まあ、騙し騙し行けると思っていたが予想よりすんなり。

そして好天に恵まれたお陰で綺麗に見ることができた。
f:id:gdrandrava:20181005125146j:image

その後、指の冷たさと闘いながらアトサヌプリへ。

噴火警戒レベル1の活火山なのだが、こんなに近づいて良いのか?

100℃を越えるお湯が出ている場所があるので注意しろ、と有るがおおらかさに感動。

自己責任にはご褒美とリスクがあるw


f:id:gdrandrava:20181005125559j:image

アトサヌプリを後にして摩周温泉道の駅へ。

暗くなってくるので少しハイペース。

CRはさておきオフィスメンバーが耐えられるのかが懸念だったが無事完走。

出し切って達成感溢れる顔はサイクルスポーツならでは。

良く頑張りました❗

FTP Boost

10日目。

Boostしてると良いが。

400Wオーバーで10sec。

その後260Wで1min、230Wで5min。200W15min、そして260W 2minを4回。

相変わらず後半が意外とつらい。

とは言えなんとか終わらせてどや顔。

 

夜は相変わらず「伍法」でプロジェクトメンバーの慰労。

大坂ナオミさんの話題の際、若手メンバーが日本語で苦労したとの発言。

帰国子女で英語堪能とは思っていたが、日本語に違和感無し。

しかし高校で帰国した際は苦労したらしい。

こういう体験を乗り越えるのって得難い経験だよなー。

授業の際に英語で意見が言えず孤独感を味わった経験を思い出し遠い目。

そして相変わらずの英語力、、、。

日本酒6種飲み比べて記憶を消すことにする。

先日の北海道サイクリング、早朝の旭川で遭遇した雲海。
f:id:gdrandrava:20180927171912j:image

 

 

 

美瑛ライド

1910旭川空港発なので、

・美瑛ライド 2.5h

十勝岳温泉2.5h

・ヴィヴレのパンでランチ0.5h

の設計。

1100にライド開始。

美瑛のアップダウンを進む。

f:id:gdrandrava:20180925200507j:image

脚が酷いので1hくるくる。

ヴィヴレでクロワッサン、道の駅で富良野牛乳(200cc300円!)を買ってランチ。

そして周回スタート。

1周約40kmを150bpmで淡々と。

ゴールは「セブンスターの木」の辺り。
f:id:gdrandrava:20180925201223j:image

総時間 1h40min TSS 98

輪行準備して十勝岳温泉へ。


f:id:gdrandrava:20180925201530j:image

雲に霞む紅葉は素晴らしかった。

 

旭温泉から稚内

予報では南南東の風4m。

110km北上はかなり快適になりそう。

軽く皮算用して実走時間3時間強と期待してスタート。

熊ロードから海岸線(オロロンライン)に出る。

フォローで楽々サイクリングをもちろん期待。

ん?フォロー?の割りに風切り音がうるさいし、140Wで27km。

交通安全の旗は右斜め前からこちらに向いてバタバタ、つまりややアゲインスト。

風向きは昼に向けて変わるさ、と進むが一向に変わらないどころか強くなってきた。

25km/hで進む。

遮る物の無い素晴らしい風景の中を風が駆け抜けてくる。

皮肉を小説風にしてみたw
オトンルイの風力発電所
f:id:gdrandrava:20180925105847j:image
稚内に近づく頃には22km/h。

完全なアゲインスト。


予定より1時間強遅れの1345稚内着。

塩ラーメン食べたかったが宛ては無い。

食べログ見ずウロウロしているうちに駅前のイベントに遭遇。

ここで旭川梅光軒の出店を見つけた。

コンサバだけど空腹感も強かったのでラーメンをこちらで。

当然旨し。旭川道の駅に有る梅光軒より旨かった。


f:id:gdrandrava:20180925110848j:image

夜はいつもの「寿司竜」。

相変わらす旨い。

タコ、ウニ、銀タラの味噌焼きが最高。

ここは外国人の多い稚内

片言英語でコミュニケーションしている初老の、見るからにがんこ職人な大将がカッコいいw

 

 

旭川市から旭温泉まで

8時出発のつもりが色々と手間取り9時過ぎ出発。

いつもは利用出来ている輪行袋の宅配が規定外の為、いわゆる宅急便のサービスにのらないらしい。

うーん、コンビニ発送の時は普通に扱われるのに。

更には、ホテルへの発送は翌日指定が無理で翌翌日になるとの事。

これも毎度同様なのだが、結果翌日に配送されているのだがその指定は無理で、本来はルール違反だとの事。翌日届くので良しとする。

どうやら旭川駅ヤマト運輸は避けた方が良い模様。

そう言っている女性従業員の方は、意地悪ではなく、決まり通り説明しているだけだと思うので罪はない。

 

およそ2.5時間で留萌、1時間で鬼鹿、1時間で羽幌、2時間で旭温泉到着。

留萌までは平均30km/hで進んだが、オロロンラインからはソコソコの強さでアゲインスト

で平均27km/hに。


f:id:gdrandrava:20180922010551j:image

そして羽幌町辺りから遠別までの40kmは21個のアップダウン(CR数え)。

最長1.2km、平均0.7km位の登りが続く。

これにアゲインストが加わると中々の辛さ。

平均25km/hに落ちるがこれ以下にならないよう粘った。

ゆっくり行けば何て事無いのだが、1730前には宿に着かねばならない事情がある。

旭温泉付近は最近ヒグマ出没注意らしく夜はもとより朝夕は危険と判断。


f:id:gdrandrava:20180922154750j:image

旭温泉はオロロンラインから東へ6km山道を進んだところに有る。

日没が17時半位とするとその山道の入り口に17時には着かないと穏やかなサイクリングが成り立たない計算。

1710位に山道入口に入り少しづつ暗くなる中、CRと大声で話して熊鈴の代わり。

ユル登り6kmは12minちょっとで慌てて走破。

途中、途中の熊注意の看板が気分を盛り上げる。

何とか日没前に到着。

総距離 171km 


f:id:gdrandrava:20180922012848j:image

茶色と黒の温泉を堪能して眠りへ。

FTP Boost

コツコツ進めて9日目。

180W/1min 2set

225W/1min 2set

420w/45sec 6set

230W/8min

途中150Wのレストを沢山はさんで進む。

1時間きっかり、TSS76 相変わらずの効率の良さ。

boostの実感、今はないがw

 

明日夜から北海道。

秋恒例のサイクリング。

天気予報を見ながらコースのチューニングは気象庁日本気象協会ウェザーニューズの1週間天気予報を使う。

天気予報サービスは沢山あるがどうやらこの3つのいずれかがネタ元の様子。

日本気象協会が比較的楽観?予想気味(何故かいつもその印象)なので好きw

旭川→遠別→稚内→枝幸→旭川のルート。

ささやかだがお金使って復興支援。

こういう時に限ってCRが鼻水を垂らす。

高い連れて行けエネルギーで、一晩で治すのがパターン。

今回もがんばれ。



f:id:gdrandrava:20180919184637j:image

ちびっこヤモリが我が家に訪問してきた。

結構可愛い。

CRは飼いたい様だが、ネット情報の多くは飼育の難易度が高いと有る。


 


雲見周回

総時間3h32min 総距離60.7km 獲得標高1505m TSS186

雲見2周回。

足の状態があまりよろしく無いのでLSD域からゆっくり上げていく。

雲見の登りは全くだめで最後数分で260W位。

その後2分の登りもLT域で、足が痛くて上げられない。

蛇石峠は14分ちょいとベストから数分遅れと散々だがギリギリ頑張る。

彫刻ラインは最初飛ばしてみたが最後の一分で失速、、、自己記録の15sec遅れ。

時間が経つにつれて少しづつ上がってきたので2週目はもう少し頑張る。

しかし、そんな簡単に体が着いてきてくれず雲見AVG200W、蛇石峠13min、彫刻ラインは1周目と同様。

そんなに上手くいかないがそれなりに刺激入れられた。

 

マーガレットラインの高台から宇留井島。

f:id:gdrandrava:20180917063003j:plain

そして蛇石峠。

人気の無い、風情あふれる峠。

f:id:gdrandrava:20180917062938j:plain

帰りは1400出発で1800着。

CRは急激に気に入っている川奈ホテルへの宿泊を希望したが、焼き肉で誤魔化したw

炭火焼肉 ふちおか」。

コース6800円があったが、冷麺とメンチカツが不要だったので単品で。

様々6皿くらい食べてビール・ワイン・焼酎で18000円。

内容考えるとリーズナブル。