Zwift Race DNF×2

30km位のZwiftレースに2回参加、そして双方DNF。

1回目 午前中Cクラスに参加。

Dクラスに出場したかったが、参加人数が少なくやる気が出ない。

そこで10人出場のCクラススタート。

何が悪いのか、とにかく辛い。

先頭に居るのが辛い、心拍が162bpmまでしか上がらない。

15分耐えてDNF。

2回目 午後、1時間睡眠の後20kmのレースに参加。

午前より増しになったか?

午前同様に人が少なくCクラスを選択。

やっぱり辛い、心拍は午前よりマシだが170bpmを超えない。

30分過ぎて集団はスタート時の1/4しか居ないがそこに残れている。

Dクラスで優勝したときと比べて、AVG250W→230Wと20W下がっている。

1分に至っては50W違い。

一週間休み無しなので乗ったので疲労が重なっているのか。

 

 

残り8km、10分強耐えられるのか、、、。

あまりに辛くてDNF、、、DNFグセができるとやばい。

 

午前・午後とも同様だが、Zwiftレースは「登りで6倍近くなり平坦は3倍で進む」というパターン。

とにかく登りのインターバルを耐える事ができればポジションを確保できる。

併せて多くの外国人に出力の絶対値で負けているので、登りで上げて疲れを誘う事で集団を減らす作戦が有効。

今回は自分に直撃したけど、、、w

 

CRが土曜出勤なので溜まったメンテナンス。

先ずはタイヤ交換。

CRのパナレーサーTYPE-A 700×23C がそろそろ限界。

今回はIRC FORMULA X-GUARD 700×25Cを使ってみる。

シーラントは1本あたり30g使用。

北海道ロングツーリングを控えているし、全日本まで距離を乗るつもりなので少しでも快適に、決戦用に25Cを使っているので全般的に慣れるためにも。

そしてネットでよく見る嵌め辛さは全く無くパナレーサーより随分楽だった。

空気はCO2ボンベで最初の一撃。

ボンベ2本でタイヤ2本の消費。

ホンべ1本で1台分(1セット)として6000円で30セット。

1セット3000キロ乗ることを考えると90000km。

5年分くらい。

エア圧縮タンク付きポンプは6000円位。

私にとっては携帯性・作業スピード含めCO2ボンベの勝ちかな、気に入ったエアポンプを所持しているし。

広告を非表示にする

Zwift WBR RACE DNF

19:10スタートの3LAPレースにDクラスで出場。

再び優勝するようならDクラス修了ということで卒検の位置付け。

帰宅がギリギリになってしまったため直前3分で参戦。

脚の状態は酷い感じ、しかし途中好転することもあるし。。。

 

いつものドッカンスタート。

先頭10人以内で進む。

周囲はA・Bクラス、そしてCクラスが1名。

190~300Wでやや安定しない。

脚の状態は相変わらず酷い、いや、痛い。

AVG240Wで5分が経過したところで上りに突入。

周りが5.5倍位になる。

マジ、、、!

イタイイタイ、即座にDNFを決める。

脚の痛さはなくなり、心のイタミに変わる。

チーン。

この後、くるっとコースを回り、最後のスプリントポイントで500W超えで16位を獲り

何となく自分を慰めて終わる。。。

 

 

広告を非表示にする

Tour of Watopia Stage 6

基本メニューをやらねば、そしてTour of Watopiaはやりたい。

なんと、今日のコースStage6を見ると殆ど登り。

この登りを使用してメニューやれば両得と考えた。

途中2度ほど下りでインターバルに突入しハムスター化したがそれ以外はおおよそ問題なし。

5分のSSTはちょうど良く、集団ほぼ先頭に出る。

5分クールダウンで150位あたりに、1分メニューで出てはレストで下がりを繰り返す。

気付くと200位。

1分メニュー終えて10分クールダウンで300位。

30秒メニューで上がったり下がったり。

この辺りのレベルだと上がって下がって元に戻る、な感じ。

最後の平坦はL3で通してオシマイ。

最後のスプリントポイントは50位(550人位)くらいだったので満足(小さい満足だが)。

 

SRAM REDに付いている50Tだと、平坦(in Zwift)が辛すぎなので「TIOGA Acentia 52T」を導入している。

こいつの変速性能は悪すぎで結構な頻度で落ちる。

バタバタしている間に順位を下げるのでSRAM RED 50Tに戻すことに決めた。

多少ハムスター化するけど回転系トレだと思えば。

安物買いしちゃったかな。。。

 

広告を非表示にする

Zwift WBR RACE 優勝 

Zwiftにログインしたら10分後に1LAPのレースがあるということで参加。

Dクラスでエントリー。

恒例のドッカンスタート後は200~240W、3~4倍ペースで進む。

全体で20位前後(50人中)、周りにDクラスは居ない。

そのままゴールで優勝、Dクラス2位と40秒弱差がついた。

なんであれ優勝は嬉しい。

とはいえ17分強で平均230Wなので練習になったのかはやや疑問。

今後はDクラスのまま2~3LAPのレースに出てみよう。

それでも勝てるならCクラスに移ろう。

いつもとは違って慎重だw

 

宅配便到着。

f:id:gdrandrava:20180419110700j:plain

来た、リジッドフォーク。

f:id:gdrandrava:20180419110740j:plain

ヘッドパーツが届いたら早速組み付けだ。

 

広告を非表示にする

LSD in zwift

グループライドに混ぜてもらおうと考え、適当にジョイン。

190Wくらいのペース、丁度良いと思い混じるが、ツッ辛い!

全く回復していないので諦める。

 

ロンドンループを1時間廻る。

今日は少しこれまでと違う楽しみがある。

ZwiftとStavaの連携をしてみた。

これが結構面白い。

Zwift上のロンドンループを廻ったかのようにStravaに表示される。

ここに面白さを感じている訳はもう一つある。

Zwift内で走った距離とローラーで回した距離、つまりGARMINで表示される距離がほぼ一致するということ。

スマートトレーナーの機能を使うとこうなることに気が付いた。

 

Zwift内のスピードとホイールの回転が合っているわけだけど、単独なら簡単だが(ローラの回転速度を表示速度とするだけ)パワーウエイトレシオが重要な要素であるZwiftで各プレーヤーそれぞれのトレーナーのスピードとパワーの関係をどうやってチューニングしているのだろう。

それともローラーの回転速度で各プレイヤーの速度を合わせているだけ?

Zwiftでコントロールしているのは回転部分の重さ調整の指示だけしてるとか。

そうだとすると、あまり重くならないトレーナーが欲しくなる。

Zwift勝負に於いてはw

 

 

広告を非表示にする

蛇石周回

月曜日休みを取って伊豆・雲見温泉へ。

ここのほとんどの民宿の特徴は「食事のはずれ」がないこと。

おそらく20件くらいの宿泊施設があり、ほとんどが民宿。

過去5件以上の民宿にお世話になったが、どこも食事に全く外れがない。

言い換えれば私好みが大勢といったところ。

施設の良し悪しはあるけれど。

今回は川端荘。

食事は雲見水準の中でも高く、施設もキレイ。

強いて欠点を上げるとすれば温泉が循環・加温なことか。

ただし、雲見温泉の民宿は多くがかけ流しなのだが、湯量が少ないのか、湯舟がでかいと温かったりその逆だったりなので、思い切って循環・加温にすることで安定した風呂にする選択は在るかも。

Tour of Watopia stage5を終えて夕方から風呂&食事とのんびり。

 

快晴の朝を迎える。

脚の感じが激疲れな感じ。

マーガレットラインを下田方向に登り始める。

150Wが限界な感じだが逆らわずにゆっくり進む。

伊浜のエネオスを左に曲がり蛇石峠へ。

蛇石峠では脚が回り始め4倍程度で進むことができ頂上手前500m位は320W前後と5倍強で行けた。

やっと戻った感を持ち気持ちよく松崎に下り、彫刻ラインの登りに入る。

4倍出ない。。。

4倍で一分、2.5倍で巡行な感じ。

諦めてそれなりに走る。

雲見までのアップダウンをこなし雲見に到着。

2周する予定だったがあまりの脚の調子の悪さに雲見直後の登り+αをこなして終わりにすることに。

ゴールとした石部の棚田展望台から見た風景。

f:id:gdrandrava:20180417101207j:plain

 

走行距離 43.2km 獲得標高1162m TSS 136

こんな日もある。

雲見海鮮グルメ旅行、ダイエットライド付きの週末。

 

ツールド八ヶ岳DNSとした。

 

 

 

 

広告を非表示にする

Tour of Watopia Stage 5

Tour of Watopia Stage 5 in Zwift。

3つ目のクリア。

アップダウンの後500m超えを一つ、平坦後150m超えてゴールの50キロ弱。

500人くらいでスタート。

ややまったりスタート後は前15%くらいでフラフラしてたが、500m山岳途中で宅配便到着。

受け取って戻ると100人位に抜かれていた。

悔しいのでコツコツリベンジ。

最後は99位だったが、着いてきた女性に譲って100位ゴール。

総距離49.6km 獲得標高?896m TSS 102

28Tカセットは効果的なコースだった。

機材交換してローラーに向かうなんて不思議だ。

 

その後CRも挑戦。

KOM取ったらしく、いつものように意気揚々。

カーブのときは体が傾き、コーナーの手前で突っ込む!と叫ぶ単純王には最高の練習機材のようだw

 

 

広告を非表示にする