ミノウラ 神楽 LST9200

ミノウラ 神楽 LST9200が到着。

とにかく重い箱を開ける。

筐体とローラー部分。

合計20kg近く。

f:id:gdrandrava:20180304053410j:plain

箱から出してみるとローラー部分が特に重い。

足に落としたら間違いなく骨に影響しそうなほど。

今までのローラーとの違いは、電源がついてきたことかな。

f:id:gdrandrava:20180304053832j:plain

設置した。

電源があることと、青と赤のLEDが輝く以外はなんてことない固定ローラー。

f:id:gdrandrava:20180304054757j:plain

固定モードで回してみると以前使っていたミノウラV270 と比較して静粛性は同様。

電源を使わず使う場合の負荷調整レベルは4つあるが、ミノウラV270の負荷調整で下から3つめとスマートトレーナーモードを比較するとかなり軽め。

時速40kmで100W、200W、300Wとそれ以外に3レベルあるが300Wと3つ目が同じくらいな感じ。

まあスマートトレーナーとして使うものなので関係ないが。

そして今我が家で流行りのzwiftに接続してみる。

ここでちょっとハマった。

Bluetoothと接続しない。

色々やってみると、神楽を動かし、スマホとPCをbluetoohと接続しするとzwiftがbluetooth接続される。

この順番しか上手く行かないのでこの方法をCRに伝える。

できるかなぁ。。。

回してみると画面に合わせて大きく負荷が変わる。

10%越えるとアウターではつらい。

実走なら当然か。

これは楽しい。

しかし神楽からの出力はパワーメータ(QUARQ)の数値と比較してみるとかなり低め。

10%以上低い数値でzwift上に表示される。

あまりに寂しいので出力はパワーメーターを使用することに決めた。

これで暫くは楽しめそう。